Archive
Monthly Archives: 10月 2015

オススメのセットアップ

 

 

from 鈴森拓海
横浜の事務所より

あなたや私のように、
ほとんど毎日仕事でパソコンを使っていると、

マシンのスペックや作業環境が
改善するだけでもかなり仕事が捗ります。

その一例として、
デュアルディスプレイにすることのメリットを
前回のメルマガでお伝えしました。

今回はもう少しだけディープな話をさせてください。

まず私の話になってしまうのですが、
私はアップル大好き人間です。

オタクまではいかないですが、
今まで使って来たパソコンやIT機器は
ほぼ全てアップル製品です!

今はマックブックプロを使って
このメルマガも書いています。

今回の話題に上げたかった事は、
スバリ、、、
ノートパソコンでのデュアルディスプレイ化です!

一般的なイメージだと、
画面が2つも有ると聞いただけで、
ハイスペックなデスクトップPCを想像します。

ですが実は、
ノートパソコンでもデュアル化できてしまいます!

私の作業環境を例に上げると、、、
・マックブックプロ
・BENQ24インチx2

マックブックの本体と、
ディスプレイをケーブルでつなぎます!!

そうすると、
ノートパソコンでも簡単に
デュアルディスプレイ化できてしまうのです!

素晴らしい!笑

デスクトップの画面の広さ

ノートの持ち運びの簡単さ

外付けのモニターを用意するだけで、
この2つのメリットを得ることができます!

素晴らしい!笑

普通は家用PCと持ち運び用のPCを分けますよね?
ということは2台必要ということですよね?

ですが、
この方法を使えば1台で全く同じ事ができます。

しかも!
最近のノートパソコンのスペックは高いです。

ぶっちゃけ普通の作業をするだけなら、
デスクトップなんて必要有りません。

私はかれこれ、
4年間くらいこの環境で仕事をしていますが、
ノートパソコンだけで事足りています!

お金も節約できるし、
データの移動をいちいちする必要は無いですしね!
本当にいいこと尽くめですよ。

まあこのやり方は私が考えだしたものではなく、
調べぬいた結果見つけたものなんですけどね。

興味があれば記のリンクから
ノートでのデュアル化の方法を見てみてください!
http://bigbambomb.com/triple-display/

ps
こんな環境がいいよ!!
なんてオススメ出来る事があれば、
メールに返信して教えてください。
非常に興味あります。

効率を2倍に上げる方法

 

 

from 鈴森拓海
横浜の事務所より、、

「分がもう一人いたらな〜」
と思った事は有りませんか?
たぶん人間誰しも一度は思った事は有ると思います。

今日はあなたをもう一人増やす方法を教えます!
と言いたい所ですが、

現実問題それは不可能なので
今やっているあなたの仕事をの生産性を、
2倍近くに増やす方法を共有します!

本当に本当にオススメの方法ですので、
是非読み進んでください!

いまあなたはどんなっパソコン環境で仕事をしていますか?

13インチのノートパソコンですか?
15インチのノートパソコンですか?
それともデスクトップですか?

ほとんどの人が今上げたどれかに当たると思います。
実際私も現在13インチのmacbookproを使っています。

ですが、
これらに当てはまる人は今よりもっと、
生産性を上げることが出来るかもしれません。

まず覚えて欲しい事が一つあります。

ピクセル
すなわち画面の大きさです
そして大きいことは「正義」ということです。

なぜならば、
これこそが作業効率の向上に直結する
一番の要因なのです!

まず13インチや15インチのノートだけで、
仕事をするのはかなりイケていません。
(これで仕事してる人スイマセン、、、)

1画面に表示出来るソフトやアプリは、
基本的には1個でしょう。
無理して2個が限界だと思います。

例えばの話ですが、
エクセルのオーダーシートを作る時に、

13インチのノートだけで作業をすると、
画面には1つしかアプリを開けないので

必然的に何度も、何度も
アプリを切り替える必要が出てきます。

これを経験した事が有る人ならわかると思いますが、
正直にいって、、「相当めんどくさい!」です。

小さい画面で、
細かい文字を見ながら作業するので、
目もチカチカしてきますよね(笑)

目がチカチカする前に、
是非導入して欲しい事があります。

それは、
作業環境の【デュアルディスプレイ化】です。

なんやねん?!
って人の為に分かりやすい画像のURLも乗せておきます。
http://www.tnpham.ca/blog/304/macbook-pro-with-dual-24-apple-cinema-displays/

こういう事です。
ディスプレイを2枚にしてしまう方法ですね!

これだけで本当2倍程度の作業効率が発揮できます。

先ほどのエクセル作業を例にだすと、

右画面では参照元のデータを表示。
左画面で実際にデータを入力していく。

このように、
いちいち画面を切り替えなくても
同時に見ながら作業ができてしまうのです!

しかも大画面なので大きく見やすい状態で作業できます。
本当にオススメな方法です!

特にあなたの様にAmazonで販売をしていて、
商品を沢山見たり、
エクセルなどの登録業務が有る人にはオススメです!

詳しいセットアップ方法等は割愛しますが、
ネットで「デュアルディスプレイ」と検索してみてください。
沢山やり方が出てきますよ!

ps
もちろん初期投資はかかりますが、
本当に作業効率が上がるので、
効率が上がって得た利益ですぐに回収できますよ!

ただやっているだけですか?

 

from 鈴森拓海
横浜の事務所より

戦略的に販売をしていますか?

私が今まで見てきたほとんどのセラーは、
戦略的に販売をしていません。

なんとな〜く、やっている感じです。
あなたはどうでしょう?

今回は、
「戦略を持つ事」の重要性にフォーカスしていきます。

戦略を持つ重要性を理解するためには、
戦略と戦術をしっかりと理解する必要があります。

実際の所、
かなり多くの人が、戦術を戦略だと思っています。

Amazonで例えるなら、
戦術はポイントを付けることだったり、
商品に広告を打つことです。

言うならば、
戦略を成功させるための、
道具が戦術ということです。

この2つは良く混同されがちなのですが、
実は全く違うということですね。

いうならば、
戦略を持っていなければ、
本来は戦術を使えないということです。

使えたとしても、
その効力は完全には一時的な物になってしまうでしょう。
簡単にいうと、これが戦術です。

では戦略とは何でしょう?

戦略とはズバリ、、
「あなたのビジネスの長期的ゴールを実現させるための手段です」
私の考える戦略はコレです。

ということはあなたはまず、
明確な長期的なゴールを持たないければいけないということですね。

話がずれてしまうので、
今回はゴールについては割愛しますが、、
時間を見て話題に上げたいと思います。

では分かりやすくAmazonでの販売にたとえて行きましょう。

長期的ゴール:月売上200万

これがあなたの長期的なゴールだとします。
ゴールが明確化されているので、
次は戦略を決めて行きます。

月200万の売上を上げるためには、
安定的に売れる商品が必要なはずです。

なので、
今回の戦略は、、、
「売れる自社オリジナル商品を、50個作る」
これに決定したとします。

では次にどうすれば、
この戦略を実行し、ゴール達成の為に、
必要な戦術は何かを考えます。

・広告を打つ
・ポイントを付与して差別化
・オリジナルの商品を中国で生産

コレをみて分かる通り、
戦略を実現させる為に必要なものが戦術です。
戦術は常に、戦略の中に存在するのです。

これは、
少しの差に見えるかもしれませんが、
とても大きな違いです。

戦術を戦略と勘違いしていると、
ゴール達成をするのが、非常に困難になります。

戦術は常に戦略の中にあると言うことを
忘れないでもらいたいと思います!

 

ps
ぶっちゃけAmazonの販売をしている人は、
戦術も戦略も持っていません。
本当になんとなくやっている人が圧倒的です。
是非あなたには戦略的になってもらい、
周囲を圧倒するセラーになってほしいですね!

ビジネスとは本来利益が出ないもの

from 鈴森拓海
横浜の事務所より

今日の内容はビジネスのコアな部分の話です。

すぐに取り入て利益が
出るような話ではないです。

あまり興味がない人はここでやめて大丈夫です。



前回はお客さんを喜ばせれば、
お金を払ってくれる。

ということは、、
「お金儲け=お客さんを幸せにする」
この2つはイコールだよね、
という話をしました。

あくまで私の意見ですが、
現実問題でもそうだと思います。

どんな人でも、
何か、良いサービスや、いい商品を買って、
気分がよくなりたい潜在的な欲求が有りますからね!

ちなみにこういうのを「獲得衝動」といったりしますが、
今回はあまり関係無いので割愛します。

さて、
題名で上げた、
「ビジネスとは本来利益が出ないもの」
これとお客さんを幸せにすることの関係性を見ていきます。

もしあなたが全く同じ機能の掃除機を買うとします。
デザインも全く同じです。
※Aを市場の適正価格とします※

A:15000円
B:9800円

どちらが欲しいですか?

Aと答えた人はいないのではないでしょうか?
間違いなくBですよね。

同じ商品で5000円以上も安いのですから!

これの意味する所は、、
【お客さんは常に安い物を求める】
ということです。

しかもほぼ例外無くです。

そして、
これがビジネスとは本来利益が出ない理由の一つなのです。

お客さんを喜ばせる為には、
お客さんが購入しやすい価格設定をする。

極論を言えば、
原価で販売をすれば、
一番お客さんは喜びます。

喜んでお金を払ってくれます。

あなたもAmazonで販売をした事があるなら、
経験した事が有るかもしれませんが、

Amazonではお客さんを喜ばせるための
値下げ合戦が頻発します。

ライバルが1円下げる。
すると他のライバルが10円下げる。

この繰り返しです。
そして最後には利益が出ない価格帯まで下がります。

なぜ下がり続けるかの理由もあります。
それは「お客さんがの望んでいるからです」

つまりは、
商品を売っている人には
常にお客さんを含めた市場からの、

【値下げの圧力】

にさらされているということです。
これが「ビジネスとは本来利益が出ないもの」の正体です。

そしてこの値下げの圧力は
利益が出ない原因の1つに過ぎなかったりします。

他にもいくつも有るのですが、
今回はここまでとしておきます。

本来は利益が出ないもの、
というコンセプトを理解しているかいないかで、
取れる戦略の幅が随分と変わってくるはずです。

どうすればもっと利幅を取れるか、
どうすれば圧力に負けずビジネスを拡大できるか?

この2つを、
ゆっくりと時間をとって考えるのも良いかもしれません。

ps
こういう問題を解決して、
利益を出していく事がビジネスの面白さだったりします。

金儲けだけが・・・

 

from 鈴森拓海
横浜の事務所より、、、

あなたのビジネスの目的って何ですか?

一般的にビジネスの目的は?
といっても様々な答えが有ります。

例えば
・利益を出す為、儲けるため
・お客さんを幸せにするため

この2つがよくでて来る印象です。
実際にほとんどの人がこのどちらかの答えを言うかも知れませんね。

まず私個人的な意見ですが、
ズバリ利益を出すためです。

当然の事です。
利益がでなければビジネスをやっている
意味なんて無いです。

我々は資本主義社会に生きているので、
この社会でより良いライフスタイルを実現するためには
お金は絶対に必要だからです。

生活に必要なものがお金だから、
お金を稼ごうとしているだけです。

はい。
ここだけを読むと、、
「こいつ金、金いっていて気持ち悪い」
と思った人もいるかもしれません。

私ならたぶんそう思います(笑)

もちろんお金は大切です。
その意見に変わりは有りません。

ですが、
結局は一番大切なのは
「お客さんを幸せいにする」
これに尽きると思います。

キレイ事では無くて、
お客さんが幸せにならないと
お金を払ってくれないからです。

なので結果的には、、

お金を儲ける=お客さんを幸せにする

こう考えて間違い無いと思います。
(もちろん違う場合もあると思います)
コインの裏と表ですね!

さて、
この先ほど上げた考えかたが
全ての原則に私はなると思います。

Amazonで例えるならば、
商品選定などの基準にもなります。

お客さんを幸せにする商品。
買ったら喜ぶだろう商品。
満足出来る品質の商品。

コレを売ったら喜んでお客さんは、
お金を払ってくれると思いませんか?

もしあなたが商品のグレードで迷っていたら、
どうすればお客さんが幸せになるか?
の基準で考えて見れば簡単に答えは出るはずです!

そして、
幸せにすること=お金を貰える事
ということも忘れないでくださいね!

この原則さえ理解していれば、
つまらない事で迷うことはなくなると思います。
良ければ参考にしてみてくださいね!

とは言え、
お客さんを喜ばせる事だけを追い求めたら、
利益は出なくなるんじゃ・・・?

と思っている人もいるかもしれません。
それも事実です。

ん〜〜、、
商売って難しいですね(笑)

次回のメルマガで話題にしたいと思います。

ps
ネット通販でも、結局は人と人です。
人間の原則を理解すると商売がうまく行きますよ!

五郎丸のススメ

 

from 鈴森拓海
横浜の事務所より、、、

最近テレビでよく見る
”五郎丸選手”のあのポーズ。

すでに知っている人もいるかもしれませんが、
あれは毎回キックの時に行っている
彼独自のルーチンだそうです。

毎回同じパフォーマンスができるように、
そしてボールがまっすぐに飛ぶようにと、
いうイメージをつくっているらしいです。

実は、
これビジネスでも非常に重要なんです。

あなたの生活にルーチンを組み込む事によって、
パフォーマンスが圧倒的に上がります。

実は私もかなり前からいくつもルーチンを
取り入れているのですが、

今日はその中でもすぐにできそうな
いくつかを紹介しますね。

 

手帳を決まったタイミングで見る

 

当たり前のようですが、
これはただスケジュールを確認するだけでは有りません。

 

手帳に記入してある、
長期目標、短期目標や価値観等。

これを決まったタイミングで確認します。

私の場合は、
・起床後
・仕事開始前
・1日の中間(疲れてきた頃)
・就寝前

少なくともこの4回のタイミングで見ています。

なんというか、
自分の手書きで書いた目標などを見返す事で、
モチベーションが上がるんですよね。

というか、
どちらかといえば

やらねば!
という「脅迫観念」のほうが近いかもしれませんが(笑)

今のとことこの方法が私にはあっています。
以前に増して生産性や集中出来る時間が長くなりました。

もしあなたが、
手帳でスケジュール管理をしていたら
オススメの手法です。
※ちなみに私はフランクリンプランナーを使っています!

 

運動を取り入れる

 

五郎丸選手のような、
キック前のルーチンとは少し異なるかもしれませんが、

1日を通してのパフォーマンスを最大化する
目的でのルーチンと考えて貰えると嬉しいです!

私の場合は、
運動を昼に入れています。

基本午前中は家の書斎で仕事をしていて、
午後から事務所に行くのが通常の流れです。

その事務所に行く前の少しの時間を使って、
簡単なトレーニングやランニングを行います。

時間にして30分です。
これも時計を使ってキッチリ計測しながらやります。

これは本当にオススメですよ。

1日に10分でも30分でも動くだけで、
体調が劇的に変わります。

本当に良くなります!
今までの体のだるさはなんだったんだ?
と思えるほどです。

正直に言うと毎日やるというのは、
最初はおっくうです。

私も無理やりやっている時期が有りました。

ですが、
自然に出来るようになってくると。

運動をしないと体が気持ち悪い
と思えるようになってきます。

そうなると毎日の30分が
とても爽快で重要な時間になってくるのです。

会社勤めの人は難しいかもしれませんが、
仕事終わりや朝などに取り入れて見るのはいかがでしょうか?
本当にオススメです!

あなたも、
自分独自のルーチンを編み出して、
仕事や人生のフォーマンスを上げていきましょう!

ps
大事な仕事の前には〜〜を食べる。
こんな感じの軽い物からスタートすると長続きします。

Amazonペイメント初体験

 

from 鈴森拓海
横浜の事務所より

ついに使ってみました!
Amazonペイメント。

前々から何度か話題にしていたので、
あなたもAmazonペイメントという言葉は、
聞き覚えが有りますよね?

もし忘れてしまっている人はこちら

https://payments.amazon.co.jp/merchant

先日海外のサイトでアプリを買ったんですが、
そのサイトにAmazonペイメントが実装されていたんです。

Amazonペイメント以外の支払い方法も幾つか用意されていて、
・通常のクレカ
・PayPal

この2つも有りました。
合計で3つということですね!

ではその中で何故Amazonを選んでしまったか?
この理由を説明していきます。

まず普段の私なら、
確実にPayPalを使っていました。

日本ではそこまでメジャーな
決済方法では無いかもしれませんが、

アメリカではPayPalは
とてもよく使われている決済方法なんです。

あなたもeBayを使った事があれば、
知っているかもしれませんね!

このPayPalですが、
機能的にはほぼAmazonペイメントと類似しています。

この2つの決済方法の特徴は、、、
・クレカ番号を入力する必要が無い
・決済情報を入力する必要が無い
・配送先も入力する必要が無い

これが大きな特徴です。

まとめて言うならば、
ネットショップでありがちな、

”お客さま情報”を入力する
面倒な作業がゼロになるのです。

クリックだけで
全ての決済が終わってしまうということですね!

素晴らしいと思いませんか?
(でも今やコレが普通になりつつあります)

さて、

無論ですが、
私も決済情報を入力するのは面倒です。

この時点で私の選択肢は
クレカ or Amazonペイメントでした。

ですが、
最終的に選んだのはAmazonペイメント。

全く同じ機能なのに、
何故PayPalは選ばなかったのでしょうか?

正直に言うと、、
「単純に興味があったから」
と言いたいところなのですが。

一番大きな理由は、、
「日頃から使っているから、安心感が絶大」
もうコレにつきますね。

PayPalかAmazonかどちらを多く使っているかと聞かれれば、
間違いなくAmazonですし。
月に数万円は確実に使っていますから。

今回の決めてはその安心感でした。

たぶんですが、
Amazonペイメントが実装されているサイトがあれば、
間違いなく使うでしょうね。

もしあなたも実装されているサイトを見かけたら、
是非一度試しに買ってみてください!

驚くほど使いやすいですよ!

ps
日本にはPayPalが浸透していない分、
あっという間にAmazonペイメントが広がるのでは?
と私は思っています。

マケプレは消えるか?

 

from 鈴森拓海
横浜の事務所より

突然ですが質問です。
あなたは、、
「マーケットプレイスは消えると思いますか?
※以下マケプレ

一応説明をしておくと、
マケプレはAmazonで第三者が販売出来る仕組みです。

はい。
いまあなたが販売している所です。

今日はそのマケプレの将来について、
私の思う所を話して行きます。

この質問が出る時の回答は2択です
1:近い将来なくなる
2:この先も残る

代行業をしている私や、
直接販売をしているあなたにとっては、
「2」を選びたいのが本音ですよね?

ですが、
今回はフラットの立場で考えてみましょう。

まず1の「近い将来なくなる」からいきます。
現在、古本や雑貨類な数えきれない商品が
マケプレで売られています。

細かい商品を本当に沢山あるので、
Amazonが出している商品より多いのではと思います。

それがいっきになくなるということは正直に言って
考えにくいですが、

Amazonがそれらの商品も自分で
取り扱いをしたほうが儲かるとは思いませんか?

実際にあなたもこんな事を聞いた事が有るはずです。
「売れている商品に急にAmazonが入ってきた」

この商品売れてるな?
と思った商品にAmazonが出品してしまうパターンですね。

事実。
これは起きています。

全ての商品群というわけではなさそうですが、
ある程度市場規模が有るカテゴリは注意が必要なようです。

極論ですが、
・Amazonが全ての商品を自分で出した時
・マケプレの利益を欲しいと思わなくなった時

この2つがマケプレがなくなる、
原因になるのではと私は思っています。

さて、
次に2の「この先も残る」です。
あなたもこちらを選んでるはずです。

結論から言うと私は現状では、
Amazonはマケプレを残すと思います。

というのもAmazonの歴史を経営の視点で、
勉強するとわかります。

もともとAmazonの利益モデルは、
Amazonのみが販売する商品だけでした。

大規模な設備投資をしているというのも有りましたが、
Amazonも最初の9年間は大赤字でした。

ですが、
設備やシステムの充実とともに、
マケプレをある段階で始めました。

これによりAmazonの利益モデルは劇的に改善したのです。

なぜかと言うと、
物販のモデルでは「在庫」が必須です。

在庫が増えれば増えるだけ、
基本的には運転資金も必要になります。

物販で稼いだ利益をまた在庫へ、
また売ってその利益を在庫へ、、、
この繰り返しが待っているのです。

ですが、
マケプレを導入することで、
Amazonは「超高利益率」のモデルを作りました。

それは「手数料」モデルです。
利益を(商品原価 ー 売上)とするならば、

マケプレの手数料モデルは、
ほぼ100%利益と考えられます。

しかも出品者から徴収するのは、
月額4000円程度のお金に加えて
売れた商品毎にも課金されます。

まるで税金ですね。

グダグダと長くなりましたが、
これがAmazonがマケプレを手放さない理由です。
超高利益率の手数料モデルは美味しいのです。

まとめると、
10年程度は問題ないと言えると思います。

まだまだ安心と思えるうちに
徹底的に売りまくってくださいね!

ps
ですが、
絶対とは言えないので、
リスクヘッジだけは忘れずに!!

タオバオのアカウントは必要か?

 

from 鈴森拓海
横浜の事務所より

あなたはタオバオのアカウントを持っていますか?

何故こんな話をするかというと、
弊社のサイトにはアナリティクスなるものが入っています。

アナリティクスを入れておくとサイトに訪れた人が、
どんなキーワードで来たかなどもわかってしまうのです。

そのなかで、
数件か「タオバオ アカウント」
というキーワードの履歴があったので

気になっている人がいるのだと思い
今回の話題にしようと決めたのです。

では先ほどの続きですが、、、
私の予測だとほとんどの人は持っていないと思います。

何故かと言うと、
持っていても意味がないからです。

結局タオバオで買付けをするには、
中国国内の銀行口座が必要だからです。

ひと昔前までは、
割りと簡単に口座が作れたようですが、
いまでは非常に難しくなっていると聞きます。

またほとんどの場合、
あなたが直接現地に出向く必要がありますしね。

そこまで手間をかけてタオバオで決済をするために、
中国口座を持つのは正直?と私は思っています。

もちろん我々のような業者を通さずに、
直接取引出来たほうがあなたの利幅は増えます。

それが簡単に安全にできるようなら、
実際代行業者なんて必要ないと思いますよ、
本当に。

ですが、
現実は今のところそう簡単に行きません。

タオバオはあくまで中国向けのマーケットプレイスなので、
全てが中国人向けに作られているからです。

もちろんサイトも全て中国語ですし、
セラーとのチャットも中国語になります。

仮にあなたが直接取引が出来る状態になったとします。
上記に記載した条件で安全に取引できると思いますか?

私なら自信は有りません(笑)

さて、
私の個人的かつ独断的な判断ですが、
下記の人以外はアカウントは必要有りません

・中国人
・中国語が完璧な日本人

もしあなたが当てはまるなら、
代行業者を使わず直接取引をすべきですね。

まあ、
実際はほとんど当てはまらないと思いますが、、、、

アカウントは必要ない、
ということ以外に私が言いたいことが
もう1つあります。

それは「リスク」についてです。

少しでも利幅を取ろうとして、
直接取引をする事には様々なリスクが有るのです。

全て上げると本当にきりがないので、
1つだけあげるとすると、、、
それは【時間】です。

簡単に言うと時間を失うことです。

騙されれば直接財布にダメージがいきますよね?
ですが、時間を無駄にする事もそれと全く同じなのです。

・中国語がわからず時間がかかる
・何度も無駄なやり取りがある
・自分で配送などの連絡も全てやる

これだけの作業が増えるとします。。
どうでしょう?

考えただけでもげっそりしますよね?
しかもコレにかかる時間ときたら、、、

たぶん一回の買付けだけでも
2〜3倍の時間はかかります。

忘れてほしくないのは、増えた作業時間にも
あなたの時給は発生しているということなんです。

時間を失う事=お金を失う

この感覚を是非持って欲しいと思います。
あなたの収益と直結する考え方ですよ^^

ps
まとめが雑になりましたが、
この手の話をするとヒジョ〜に長くなります。
よければこんど
無料でレポートを配布させていたこうと思います。

タオバオリサーチ代行

 

from 鈴森拓海
横浜の事務所より

今日はちょっとした裏話。
リサーチ代行を始めたきっかけ。

もともと弊社の1つの事業として、
北米の商品などを輸入して販売しておりました。

いろいろな売り方で売っていましたが、
その一つにもちろんAmazonもありました。

Amazonで販売をするには、
絶対リサーチが欠かせません。

それが、
中国の商品だろうが、
北米の商品だろうが一緒です。

逆にしっかりとリサーチができれば、
簡単に売れますからね。

なので、
ひたすら自分でリサーチをしていました。
最大で1日8時間程度したこともあります。

いま考えるとアホなのですが、
会社創業時だったということもあり、
気合でやれていたんですね。

でもそれを数ヶ月続けるとさすがにダレてきます。

ずっと同じ作業を繰り返していると
効率も落ちてきますし、
途中で何をやっているかわからなくなるんです。

そこでふと気が付きました、
「自分何やってんだ」とw

もっと利益を上げる為には、
この仕事は自分でやるべきでない。
そう確信しました。

そこからどうにか、リサーチをシステム化できないか
必死に考えました。

その結果、、、、
「コレは人がやるしかない・・・」

残念ながら私の出した答えはこれでした。

当初は商品のURLを入れると、
リサーチ結果が自動で出る夢の様な
”マシーン”を想像していたのですw

実際複雑な要因が多すぎて、
そんなものを作る事でできないとわかったんですね。

そこで、、
いかにリサーチを安くしてくれる人を探しました。

正確には、
人件費が日本より安い国を探しました。

結局、数カ国で外注を雇うことに成功し、
北米の商品のリサーチをある程度自動化することに成功したのです!

そこから紆余曲折あり、、、

タオバオ代行をやることになったのですが、
そこでもお客さんが同じ悩みを抱えていることを知り、
是非リサーチの代行を入れようと決めたんです!

全くあなたに役にたたない話でしたが、
これがタオバオ代行ジャパンの始まりです。

リサーチを気に入ってくれている
お客さんは正直沢山います。

とわいえ、、
「お客さんにとってタオバオ代行で何が一番重要か?」
と聞かれたらそれはリサーチでは有りません。

ズバリ「料金です!!」と答えます。

リサーチのサービスは今後も継続しつつ、
料金面でも業界最安レベルを目指しますね!

それがあなたにとって、
一番のメリットと思っていますので。

引き続き、
タオバオ代行ジャパンをお願いします!

ps
特に送料は沢山使ってもらえれば、
その分安くなる可能性が高いので、
ご協力お願いします!