Archive
Monthly Archives: 1月 2016

ヤフオクでも売ってみる

 

from 鈴森拓海
横浜の事務所より、、、

いまあなたはいくつの販路で販売をしていますか?

手間も考えると、
Amazonだけで販売している人がほとんどだと思います。
FBAを使えば出荷関連業務に一切手間がかかりませんからね。

何度か話してるかもしれませんが、
重要だと思っているので
Amazon以外でも販売をする方法を、
オススメしたいと思います。

一番王道なヤフオクでの販売です。

一度は使った事が有るかもしれませんが、
色々な商品が沢山販売されていて、
使う側からしてもとてもおもしろいプラットフォームです。

まず販路を増やすなら、
断然このヤフオクがオススメなんです。

一番大きな理由は手軽さです。

ショップを構築する必要も無いし、
登録したらすぐに出品をすることができます。

このメルマガを見ているあなたも、
すでにアカウントを持っているかも知れませんね。

出品方法等は詳しく説明しませんが、
Amazonと組み合わせて低リスクで、
販路を拡大する戦術を紹介します。

 

■ヤフオクで販路拡大

条件:FBAを使用している

FBAにはマルチチャンネルサービスなるものがあります。
https://goo.gl/hZq1FI

FBAに入れてある商品を、
Amazon以外にも出荷しますよ〜
ということです。

★ヤフオクで出品

売れた

★購入者の情報をマルチチャンネルサービスに入力

Amazonの倉庫から
お客さまに出荷

こんな感じですね。
非常に便利だと思いませんか?

あなたが追加でする作業は★マークの部分だけです。
どれもお金がかかる物ではないので、
時間さえ使えばすぐに結果が出ます。

もしあなたが、
本業で取り組んでいなくても、
FBAをうまく利用すればAmazon以外でも
販売できちゃうんです。

すごく魅力的だと思いませんか?

普通は販路を増やすとなると、
リスクが伴います。

例えば、
店舗開設費だったり、
追加在庫だったりです。

でもそれが完全0でできます。
あなたが少し頑張って商品を登録すればそれで終わりです。

もちろんヤフオクで売るための、
細かい業務はあると思いますが、
金銭的なリスクは0といっていいでしょう。

もしあなたがリスクを取らず、
今より売上を上げたいならマストな戦術です。

さあ、
あなたはどうする?

ps
お金をかけないで売上が上がる戦術は限りがあります。
その中でも最高クラスのノウハウだと私は思います。

プランBを用意する

 

 

from 鈴森拓海
横浜の事務所より、、、

90%は予想通りにいかない。

何か新規で商品を出品したり、
新規でビジネスを始めるとよく分かります。

自分で当初思い浮かべていたように、
事が進んでいくことは本当に稀です。

私も、
最初に予想していたのとは、
違う方法を取る事が多いです。

単純に物販であれば、
90%全て思い通りにいかない!
ということは少ないかもしれません。

ですが、、
・突然のライバルの参入
・価格競争の激化
・商品の不良

こんな事が起きるのはに日常茶飯事ですよね?

当初あなたが想像していた以外の事が、
起きる可能性はいつでも有るのです。

そんな時に、
予めどう動くかを決めていますか?

つまりあなた独自の「プランB」です。

単純な話、
バックアッププランと考えてください。

例えば、、
先ほど説明したような、

外部が100%原因で起こる問題が、
あなたの出品している商品に起きたとします。

その時に予めプランBを決めておけば、
ライバルより先手を打つ事出来るのです。

■突然のライバルの参入であれば、、、
相手より価格を1%低く設定する。

■価格競争の激化であれば、、、
利益がこれ以上見込めないと考えて、
手数料を含めた原価を回収出来る金額設定をする。
損切りしてしまう。

■商品の不良
もし自分の商品に不良が発生してしまったら、
予め決めて板ルールに従い、返品、返金、破棄の選択をする。

まだ使えそうな商品なら、
中古としてコンディションを明記した上で、
格安でAmazonに再出品する。

などなど、、、

何か問題が起きて、
行動や変更を余儀なくされてから、
プランBを作るのではなく、

予めどんな変更が余儀なくされるかを予測しましょう。

実はプランBを作る事が、
長期的に見てもかなり、
あなたにとって有用なのです。

目先のメリットだけを見ても
ライバルに先んじる事ができますが、

長期的に見ると、
あなたの物事を捉える視点が変わってきます。

より深さが出て、
何をする時も自動的に未来を予測し、
危機管理ができるようになります。

最初はめんどくさいと思うかもしれませんが、
コツコツ積み重ねれば習慣になります。

これは小手先にテクニックとは違い、
身についたら一生モノです。

 

■プランBを作る習慣を身につける方法

【1】まずプランAを立てる(この時はプランAに集中!)
【2】問題などを予測しプランBを作る
【3】プランAorBが機能したかを記録する

このい1〜3を繰り返す事で、
あなたの能力は向上します。

もちろん手間はかかりますが、
長い目で見ても、スキルアップになるので、
是非オススメしたいテクニックです!

ps
最終的には、、
あなたがスキルアップすることが、
ライバルとの一番の差別化です!

稼げる習慣

 

from 鈴森拓海
横浜の事務所より、、、

さきにいっておきます。
今回のメルマガは直接Amazonでの販売とは、
関係の無い内容なので、興味ない人は削除を、、、



私が日々思っていて、
自分でも実践をしている習慣を共有させて頂きます。

習慣と言うとかなり沢山あるので、
少しずつ紹介して行ければ良いと思っています。

第一弾は、
私が今までで一番有益だと思った習慣です。

それは「早起き」です。

どうです?
当たり前とも言える習慣で驚きましたか?(笑)

でも現実は、、
当たり前な事が一番重要だったりします.

早起きは三文の得とはいいますが、
実際は三文どころではないです。
(ちなみに三文を現代の金額にすると、約200円らしい)

私の場合は、
数百万の価値がありました。

今後続けていくに連れて、
この価値は上昇していくと確信しています。

さて、
実際に私の生活で例をみてみましょう、、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
5:30〜:起床、準備
6:00〜:瞑想、読書、ランニング等、書物
7:30〜:特に重要な仕事
8:30〜:その次に重要な仕事
9:30〜:その次に重要な仕事
10:30〜:主にタスキング
11:30〜:主にタスキング

14:00〜19:00:事務所でタスキング、MTG等
★22:30〜:就寝
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最近はこんな感じの毎日が続いています。
見て欲しいのは特に午前中の時間です。

午前中にすでに6時間程度働く時間があります。

この時間をうまく使う事で、
かなり生産性の高い仕事をこなす事ができています。

特に最初の3時間程度が一番重要です。

人間の集中力はそんなに持続しませんので、
最も重要な仕事を序盤に持ってきます。

この生活をするだけで、
重要な仕事がどんどん片付き、
成果が上がるようになりました。

人によって朝方夜型は有ると思いますが、
基本的には朝方をオススメします。

簡単にまとめれば、
生産的で集中して仕事を出来る時間が長く取れるから、
早起きはオススメということです。

本当に習慣化すると難なくできるようになりますよ!

朝早く起きるコツ

さて最後に肝心の、
「朝早く起きるコツ」を教えます!

それは早く寝ることです。(笑)
何が有っても6時間〜7時間の睡眠を確保することです。

私の場合は何度か検証した結果、
7時間は睡眠が必要なようなので、

どんなに遅くとも10時30分には布団に入ります。

ポイントとしては、
睡眠時間を削って頑張って早く起きるのでは無く、

無理矢理にでも早く寝て、
睡眠時間を確保した上で早起きすることです。

私の場合は、
この方法で1週間で習慣が出来上がりました。

早起きの戦いは前日から始まります!
時間が無いと思っている人には特にオススメです!

ps
冗談抜きでストイックな生活になります。。

ダメ絶対!在庫切!

 

from 鈴森拓海
横浜の事務所より、、、

物販の大敵「在庫切れ」
物販は読んで文字の如く、
物を販売して利益を得る方法です。

つまり、
在庫は必須であり、
在庫無しでは売上すら立ちません。

当然の事ですよね。

あなたも売れ筋商品の在庫を切らしてしまって、
売りたいのに売れない!!

なんて経験をしたことは、
1度や2度では無いはずです。

弊社運用のECサイトも初期の頃は、
なかなか需要の予測ができず、
頻繁に在庫切れになっていました。

そこで実際に私が在庫切れを極力無くすために
とった戦術を幾つか紹介します。

 

■在庫切れを防ぐ戦術

 

まずは全体の適正在庫額を把握します。
はじめにいっておきますが、
結構めんどくさい、手間のかかる作業です、、、

細かいカウント方法は、
あなたの管理方法によって変わってくるので、
Excel等を使ってうまく行ってください。

★STEP
前月の売上を確認

そこから原価を算出(1ヶ月に必要な在庫額)

1ヶ月分の原価を31で割ると1日の在庫額が出る

商品をオーダーしてからFBAに納品されるまでの
ランディングタイムを計算する

この日数に在庫額をかける+1週間分の在庫額を加える
※1週間分は予備日として加える

この数字があなたが最低限持っていないと
いけない在庫額になります。

分かりにくいと思うので、
具体例を出して説明します。

ーーーーーーーーーーーーー
1ヶ月分の原価:100万
1日の在庫額:3.2万
ランディングタイム:7日
適正在庫額:44.8万(3.2×7+7×3.2)
ーーーーーーーーーーーーー

あくまで均等に商品が出てくれた場合ですが、
あなたは常に44.8万円分の商品は在庫をしておく必要があります。

この数字を下回ってくると、
在庫切れがどこかで起きる可能性が非常に高くなります。

イメージとしては、
1日毎に44.8万から3.2万が減っていきますよね?

1週間なら22.4万在庫が減ることになります。
そこに1週間毎に補充をかけていくイメージです。

そうすれば、
1週間の売上を立てる為に必要な、
在庫額は常に維持される訳です。

7日間の予備在庫を持っておく理由は、
必ずしも7日でオーダーした商品が納品出来るとは、
限らないからです。

大抵の場合ズレが生じます。
予備日分の在庫を持っていないと、

ピッタリの在庫額になるので、
仮にずれた時相当な在庫切れが発生します。

私はこの方法を大まかな適正在庫を
把握する方法として使用しています。

適正在庫額を下回らない用に、
商品のランディングタイムを考慮してオーダーをしています。

あなたのようにAmazonで販売をしている場合は、
ランディングタイムをもう少しとった方がいいかもしれません!

この方法は効率良く運営したい人や、
無駄な在庫を1円たりとも持ちたくない人には、
特にオススメです。

ps
何かわからない事があれば、
個別にメッセージをください。
アドバイスさせていただきます。

FBAを使わない

 

from 鈴森拓海
横浜の事務所より、、、

FBAがあるから自動販売機的な戦略が取れる!
FBAこそAmazonで販売をする最大のメリットだ!

教材を販売している人のほとんどが、
FBAの恩恵に付いて語っていますので、
あなたも一度は聞いたことがあると思います。

実際に私も、
数年前まではAmazonでの販売方法を
教えていた事も有ったのですが、
全く同じような事を行っていました(笑)

だって、
FBAって相当いいサービスですもん。

家にいながら受注管理から配送まで、
全て全自動で完結しますからね。

う〜ん、、、最強、、、

ですが!!
ここであえてFBAを使わない戦略を取り上げます。

まずデメリットから見ていきましょう。
・自分で発送する
・梱包も自分でやる
・顧客対応も自分でやる、、、

書いている途中で、
少し気持ち悪くなってきました(笑)

このもっさりとした、
肉体的な仕事全て自分でやることが
まさにデメリットといえるでしょう。

反対にFBAを使わないメリットはなにが有るでしょうか?
.価格の競争力が上がる!!

以上です!
さっぱりしていますね。

でもこれが唯一にして最強のメリットなんです。

あなたもご存知の通り、
Amazonにはカート獲得のシステムがあります。

簡単に言うと、一定の基準に満たされた出品者が、
より売れやすいポジションに露出されるシステムです。

このシステムでも重要視されるのが、
価格なんです!

つまり価格がやすければ安いほど、
露出機会が増えるということになります。

ここまでいえば、
価格の競争力が上がる副次的なメリットが見えてきたでしょう。

FBAを使わないと、
格安の発送方法を使えるため、

商品代金を安く設定でき、
それが理由でカートを獲得の確率が上がります。
そしてその影響で売上も伸びてきます。

これがFBAを使わないメリットです。
他の出品者より価格的に優位に立てるということなんです。

ただデメリットも大きいのは事実!
自分で発送をするとなると、
相当の時間と手間もかかります。

在庫を自分で保管しておかないといけないので、
それなりのスペースも必要になってきます。

もしあなたが本業としてAmazonで販売しているなら、
戦略として組み込んでも良いと私は思います。

ps
オススメの方法は、
FBAと自社発送商品の両方を持つことです。

ダウングレード?

 

from 鈴森拓海
横浜の事務所より、、、

お客さんが求めていて、
売れやすい商品を見つける、、

これって本当に難しい事です。

でも商売をしているなら、
ある程度自分でコレを予測して、
あてにいかなければいけないのも事実。

私はそういうことを、
予想したりする時間が好きだったりします。

とわいえ、
何の情報も無しに予測しても
お客さんが本当に求めているものなんて、
分かるわけが有りません。

あなたも、
Amazonで売れ行きの予測をする時は、
プライスチェック等を使えますよね?

今回はそういったツールを使わないで、
予測の精度を上げるテクニックを紹介します。

それは、、
「ダウングレード商品を考える」
ことです。

メーカー等の商品で、
Amazonのランキングで上位の
商品を参考にして考えます。

メーカーの商品は言わば、
一流のハイグレード商品です。

例えばキャノンのカメラは
言わずともしれた高品質の一流品ですよね?

その一流メーカーと競争することは、
現実的には不可能です。
実際に戦っても勝負になりません。

そこで同じような商品の、
ダウングレードバージョンを考えます。

一流の商品が欲しい人も、
世の中には沢山いますが、

反対に、
ダウングレードしても良いから、
価格を優先するお客さんも沢山いるのです。

そこを狙い撃ちします。

キャノンのカメラだと分かりにくいので、
カメラ用の充電ケーブルで見ていきましょう。

機能は全く同じケーブル。

用途は、
充電をするだけ、
それ以外に使う事は全く有りません。

純正ケーブルは3000円。
互換のケーブルは980円。

その価格差は、
全く同じ機能なのに約3倍です。

よほどのこだわりがない限り、
980円の商品を選ぶ人も大勢いるでしょう。

これが「ダウングレード」商品です。

実際は、
我々が唯一勝負出来る商材になります。

お客さんがメーカー商品以外の
中国製の商品に何を求めているかを考えましょう。

「最低限の機能と価格」ですよね?

あなたはそれにマッチする、
商材をピックしていけば良いのです!

高品質にこだわることも重要ですが、
お客さんが最も重視していることは何か?
と常に考えて見てください。

ダウングレード商品だけをひたすら探しても、
月商100万くらいは簡単に行くと思いますよ!

ps
ダウングレード商品のキーワード、、
「互換」
これで検索をしてみてください!
沢山良さそうなものが出てくるはずです。

【コツ】裏目標設定

 

 

from 鈴森拓海
横浜の事務所より

あけましておめでとうございます。
本年もタオバオ代行ジャパンをよろしくお願い致します。

あなたのお役に立てるよう、
全力でサポートをさせていただきます!

さて早速ですが、
あなたは今年の目標をたてましたか?

月商50万
月商100万
月商200万

人によって違う目標設定をしていると思いますが、
ほとんどの人が上に書いたような、
数値での目標設定をしていると思うんです。

きっとあなたもそうですよね?

200万の売上だと、
利益が100万くらいで、、、
月に100万の利益があれば、、、

こういう想像をするのは楽しいですよね!笑
実際にモチベーションが上がることも有ります。

ですが!!
結論から言うと、

この目標設定方法では失敗する確率が高いです。
(私の経験上ほとんど失敗します)

正確には完全に間違っているわけではないですが、
これだけだと不足しています。

目標を達成するために必要なものは、
「プロセスに対する目標です」

これだけだとわかりづらいので、
あなたのAmazon販売で考えて見ます。
まずあなたの目標が月商100万だったとします。

この100万と言う数字は最終的な目標です。
100万円を達成する為には、
そこに至るまでのプロセスが沢山有りますよね?

例えばですが、
今あなたが販売している商品の数が
20商品だとします。

それで現在のあなたの月商は50万です。

この場合かなり単純に考えると、
40商品に商品数を増やせば
月商100万円の可能性が出てきますよね?

究極にシプルに考えた場合ですが、
あなたの本当の目標は、、、

「月商100万円を達成する」
ということではなく、

「商品数を追加で20する」
ということなのです。

これが裏目標です。
そしてあなたが実際に設定をすべき数字です。

月商100万円!
と漠然と考えるのでは無く、

追加で20商品とするだけで、
かなり具体的になりませんか?

そしてなんだか、
達成できそうな気もしてくるはずです。

逆に裏目標を設定して、
本当に追い求めるべき数字が出てこないと、

何が原因で達成できなかったのかすら
わからなくなってしまいます。

まずは簡単な数値目標を立ててもいいですが、
それを達成するために何が必要かを考えて、
裏目標を設定することをオススメします!

かなり即効性があるやり方ですよ。

ps
一般的には、そもそも目標すら立てない人が、
ほとんどということを聞いたことがあります。。