回転率を重視する

前回のメルマガで利益率と利益額の

話をさせていただきました。

その中で「販売個数」の話が出たと思います。
実はこの販売個数というのも大切で、
良く「回転率」等と言われている数字ですね。

簡単な例で見ていくと、、、

A:1週間に10個売れる利益1000円の商品
B:1週間に1個売れる利益9000円の商品

この場合の利益は、、、

A:1万円
B:9千円

このようになります。
ぱっとみ利益額が高い商品の方が
儲かりそうな雰囲気は有りますが、

利益額が少なくても回転率が高ければ、
高利益を上げることは可能です。

これが「回転率」も重要な要素と、
言われるまさに理由ですね。

本格的に戦略をもって買付けをする際には、
前回の利益率と利益額の話に、
回転率も加えて考えて欲しいと思います。

この3つの指標を元に仕入商品を検討していきましょう。

指標が多くなればなるだけ、
手間自体は掛かってしまいますが、
確実に利益を取れる商品を見つける可能性は高まります。

多くの人は指標が1つもしくは、
良くて2といったとこでしょう。

より深いレベルでリサーチを行えば、
打率は確実に上がりますし。
ライバルとの差も生まれます。

いいこと尽くめであります!
是非やってみるべきだと個人的には思っております。

ですが!
仮にあなたに資金力があれば、
大雑把なリサーチでも構いません。

その理由を、
先ほどの例をみて説明します。

A:1週間に10個売れる利益1000円の商品
B:1週間に1個売れる利益9000円の商品

でしたね。
1週間にどちらが利益があがるか?
という話で行くと確実にAです。

仮に原価が全く同じ商品であれば、
Aを買い付けたほうが儲かります。

お金に制限があるなら、
少しでも利益が多いAを選ぶべきですし、
あなたもそうすると思います。

ですが、仮に資金が余っていたら、
深いことは考えずにBも買うべきです。

在庫はもちろん増えるので、
キャッシュフローは圧迫しますが、
Bだって週に9千円の利益はでます。

資金があれば、細かいパフォーマンスは
気にする必要無いと私は思います。
強気でどんどん商品ラインナップを増やすべきです。

もちろん資金が有る人限定の戦術です!
制限が有る場合は、よりパフォーマンスの高い商品を
少しでも多く選ぶようにしましょう!

それが一番効率的に利益を上げる近道です。

ps
物販の基本は在庫です。
在庫がなければ売上も立ちません。
でも在庫が有りすぎればリスクになります。
何事もバランスが大事ってことですね!

taobao

Click Here to Leave a Comment Below

Leave a Comment: