自社発送のメリット、デメリット

 

アマゾンの全商品送料無料が終了し、
2000円以下の商品は自社発送が有利になるかも。
という話を前回のメルマガで話しました。

それに関連して、
自社発送のメリットとデメリットを
明確にしていきたいと思います。

【メリット】

まずはメリットから見ていきましょう。

・低価格商品も扱える
・FBAに価格競争で勝てる
・納品の手間が無い
・手元に有るので商品の確認が簡単
・ライバルが少ない

こんな所だと思いますが、
なんと言っても一番のメリットは、
「低価格商品も扱える」これに尽きます。

FBA商品は送料が決まっているため、
500円以下だとかなり利益を出すのが困難です。
ほとんどの場合は無理といってもいいでしょう。

ですが、自社発送の場合は、
独自に配送業者と契約を結んで、
発送方法を決めることができます。

もちろん配送料金も商品によっては、
FBAより確実にやすくなります。

メール便なら80円で送れます。
ゆうメールならもう少し安く契約出来るかもしれません。

当然配送方法によって、
送れる物が縛られて来てはしまうのですが、
メール便であれば結構なんでも送れます。

「80円+原価+手数料=経費」

配送料金を限りなく安くできれば、
低い価格帯でも十分に勝負出来ます。

また副業で取り組んでいる人は、
自社発送(家から)をするのがかなり大変です。
それが理由でほとんどの人がFBAを利用しています。

なので、
ライバルがFBA出品に比べて少ないといえます。
これも結構なメリットですね!

【デメリット】

では肝心のデメリットを見ていきましょう。

・小さい商品以外は送料がFBAより高くなる
・出荷作業が面倒くさい
・倉庫スペースが必要
・商品管理が全て自宅
・梱包資材が必要
・配送業者との契約が必要

軽いデメリットから重い物まで、結構有りますね(笑)

たぶん副業として取り組んでいるかたに取って、
一番のデメリットは、「出荷作業」ではないでしょうか?

副業ということであれば、
当然每日本業があります。

定時の18時に上がれたとしても、
家につくのは最速で19時。

それから出荷作業が始まるわけです。

大した個数がなければ問題無いですが、
20個程度を超えてくると結構しんどいはずです。

そしてメール便であれば、
翌朝本業の会社に出社前にヤマトの営業所に行く必要があります。

ゆうメールであれば、
郵便局にタイミングをみていく必要があります。

これが結構な手間になるんですよね。
本業であれば集荷に来てくれるので全く問題ないのでが。
(契約次第では副業でも集荷は来てくれます)

自社発送のメリット・デメリット。

メリットしか無い方法なんてのは、
そもそも無いと私は思いますが、

そのメリットとデメリットが、
あなたのライフスタイルにどのような影響を与えるか?
コレを基準に考えると選ぶ基準にはなると思いますよ!

少し余裕が有る方は、
FBAと自社発送の両方をやることをオススメします。
これだけでも安定性がかなり変わってきますよ!

ps
中型〜大型の商品を扱うなら、
FBAははっきりいってマストです!

taobao