Category Archives for "売上アップ"

【実践編】返品商品を再販

 

from 鈴森拓海
横浜の事務所より

このメルマガを読んでいる
あなたのメインの販売方法はどちらですか?

1:FBA
2:自分出荷

あなたを含めたほとんどの人が、
1のFBAを利用していると思います。

今回はFBAを使っていると、
確実に起きてしまう「返品商品」の
処理方法を話題にしていきます。

ご存知の通り、
FBAを使うと基本的には、

全てのカスタマーサポートもAmazonが行います。

つまりあなたが直接顧客とやり取りを
する必要がないということですね。

これは非常に楽ちんです。

ですが、、
このシステムがゆえの問題も有ります。
それは冒頭で上げた返品問題です。

お客さんがAmazonと直接返品のやり取りをするので、
ほぼ100%どんなコンディションでも返品を受け付けます。

つまり、
返品に関してはお客さんのやりたい放題ということです。

もちろんその分のFBAの恩恵を受けていますが、

困るのは、
中身は新品なのに、箱にダメージが出てしまった時ですよね?

日本のお客さんは箱も商品とみなします。
中身の商品がどんなに綺麗問題無くても、

箱がだめならそれでアウトです。
新品とは判断してくれません。

では外箱ダメージ、中身新品商品の
処理方法について話をしていきます。

まず結論から言うと、
簡単に売れるので安心してください。
本当に簡単に売れます。

【手順】
ほぼ新品コンディションで出品

コンディション説明文を工夫

価格を新品より少し安く設定

この3ステップです!
非常に簡単でしょ?

これだけで、
中身が新品であればすぐ売れます。

ポイントはコンディション説明文です。
必ず下記の内容を入れてください。

「中身は新品」
「箱にダメージがあるから安い」

この2つの内容をカバーした文章を作ればOKです。
これも簡単でしょ?(笑)

新品以外の商品を見るお客さまというのは、
少しでも安い商品を探しています。
たとえそれが100円200円でもです。

なのでそういったお客さまの事をまず頭で考えます。

そして、どうすれば喜ぶかを考えれば、
売れるコンディション説明文がかけるはずです。

もし中身は新品の商品が返品されてきてしまった場合は、
是非お試しください!

ps
小手先のテクニックですが有効ですよ!
返品されてきた商品は利益を取ることは考えずに、
速攻で売り切る事を目指しましょう!
それがキャッシュフロー的にはグッドです。

売上が上がらない

 

from 鈴森拓海
横浜の事務所より

何度かお話したことがありますが、
扱う商品には個性が出ます。

セラーの趣味や感覚に
少なからずよる傾向があります。

これはほとんどの人に
当てはまるのではないでしょうか?

ですが、
この個性があなたの売上アップの
邪魔をしているとしたらどうでしょう?

この場合、、

個性=自分の考え(感覚)
と考えてください。

ここで一番重要な話をしますが、
商品を買うのは誰でしょう?
誰の意思決定で購入されますか?

答えは簡単
「お客さん」です。

つまりお客さんを見れば
どんな商品の需要が有るかわかるのです。

すべてのスタートは
「お客さん」
でなければいけません。

全てのビジネスで言えることですね!

このような、
お客さま(市場)からスタートする考えを、
「マーケットイン」
といいます。

前置きが長くなりましたが、
あなたの好きな商品は
お客さんは全く欲しく無い・・・

なんてことが起こりえるのです。

好きな商品を扱えるのは、
幸せな事ですが、
それが売れるかどうかは別というこです。

まずは
あなたが一番の目的にしているだろう、
利益をあげることに注力しましょう。

そのためには、
自分の感覚を排除して、

お客さんのことだけに集中してみてください。

・何を考えているか?
・今このタイミングで何が欲しいか?
・何が流行っているか?

などですね。
お客さんの事を深く理解する事ができれば、
一番売れる商品を提供出来るはずです。

もしあなたが売上が
なかなか上がらずに悩んでいたら、

一度好きな商品を扱うのを、
やめる事をオススメします。

徹底的にお客さんが欲している
商品だけを投下していきます。

そういった商品は
ランキング自体も高い可能性が
あるので売れ行きは好調でしょう。

売れる商品で感覚を掴んでから、
「いいな〜」と思った商品の
ラインナップを増やせば良いと思います。

それを思考錯誤しながら
販売していけばいいでしょう。

はじめからこれをやってしまうと
挫折するのはみえていますので、

まずはお客さんの欲しい商品
からスタートしてくださいね!

タオバオ代行ジャパン

ps
自分の個性で商品を選ぶ時は、
買付け数量は少なめに!
もし売れなかったとしても、
なんとかなる程度の量を仕入れてください。

代金引換使ってます?

 

 

from 鈴森拓海

あなたは日頃通販で、
良く商品を買っていると思います。

Amazonやネットで販売をしているくらいなので、
もしかするとヘビーユーザーかもしれませんね。

ネットで物を買う時、
決済方法は限られてきます。

・クレジットカード(PayPal)
・銀行振込
・代金引換
・コンビニ払い
・エディー決済

メイン所でいうとこの程度かな?
と思います。

実際に自分で通信販売をしている、
あなたのようなヘビーユーザーは

一番最初に上げたクレジットカードを
利用している事が多いかと思います。
(以下:クレカ)

クレカが圧倒的に決済が簡単で、
ポイントも溜まりますからね。

はっきりい言ってクレカ以外はありえない!
くらいクレカを使う事で得られる利点は大きいです。

私もよほど高額な決済以外は100%クレカです。

ですが、、、、です。

あなたも売りてで有る以上
必ずやらなければいけない事があります。

それは常に顧客の立場に立って考えると言うこと。

はっきり言って私や、あなたが考えていることは、
顧客にとってはどーでもいい事なのです。

これだけは忘れないでくださいね。

売り手の考えや都合は、
買い手である顧客には全く関係無いのです。

今後ビジネスをやっていく上でも、
とても重要な考えかたなので、
絶対に忘れないでください。

今回はこれに付いては詳しく触れませんが、
顧客の事を良く考えているのなら、
「代引き決済」は外せません。

通販をやっていて思いますが、
全てのユーザーがクレカを使って
決済をしているわけではありません。

それは、クレカがどんなにメリットがあっても同じことです。
絶対に代金引換が良いと思う人も一定数いるのです。

私の個人的な体感値だと、、、

【1位】クレカ(80%)
【2位】代引き(15%)
【3位】銀振(5%)
【4位】そのたマイナー決済

この順番です。
以外にも代引きが2位なのです。

決済手数料がかかるし、
直接現金を手渡ししなければいけない
にもかかわらずです。

もちろん商材や販路でもこの割合は変わってくると思います。
ですが、Amazonの場合は上記の割合でほぼ正しいかと思います。

もしあなたが、代引き決済を入れていないのなら、
15%のお客さんからの売上を逃していると言うことです。

15%ですよ?
1日3000円でも、
年間で116万です。

代引きにするかしないかだけで、
これだけ売上に差が出る可能性があります。

もしあなたがまだ代引き決済を導入していないのなら、
今すぐに導入する事をおすすめします。

タオバオ代行ジャパン
鈴森

ps
販路や商材によってどれだけ影響がでるかはわかりません。
ですが、利用者が0なら商材や販路は無いと思います。
ということは絶対に入れるべきということですね!