Category Archives for "EC"

1年で一番売れる時期

 

from 鈴森拓海
横浜の事務所より、、、

もう今年も残り1ヶ月をきりました。

毎年思いますが、
1年は本当にあっという間です。

年末は忘年会やクリスマスで
楽しいいイベントが盛りだくさんなので、
「仕事なんてしていられない!」
と思っている人もいると思います。

ですが、
年末年始の12月、1月は、
1年間のうち最も物が売れる時期です。

ほぼ全ての業界で当てはまります。
無論あなたが販売をしているAmazonでもそうです。

あなたが出品している商品も
いつもより沢山売れると思っていて間違い無いでしょう!

実際に弊社が運営をしているECサイトでも、
昨年の年末年始は売上が20〜30%増しでした。

全く同じ販売手法をとっていたにもかかわらず、
だいぶ数字が良かったので、
驚いたのを覚えています。

さて、
売れるということがわかったら、
後はしっかり準備をする事が重要です。

特に【在庫切れ】には要注意です!

確実に確保出来た売上を
みすみす見逃す事になってしまいます。

一番多く在庫しておいて欲しい商品が2種類あります。

1)普段の売れ筋商品
2)季節性の有る商品

普段売れている商品もほぼ間違いなく、
いつもより売上が増大します。

実は、普段の売れ筋商品の場合は、
見込み客の数は年末年始でもさほど変わりません。
変わるのは購入意欲です。

つまり転換率です。
普段100人中3人しか買わない商品でも。
100人中10人になるということです。

たとえ季節性が無くても、
普段売れてる商品も忘れずに在庫補充をしてくださいね!

次に季節性のある商品です。
これはクリスマス関連商品や、
単純に冬に関係する商品等が該当します。

こちらのパターンは購入意欲もさることながら、
明らかに見込み客の数が増大します。

より爆発的に売れるのは、
このタイプの商品と判断していいでしょう。

「ちょっと買いすぎた!」
と思えるくらい在庫をすると安心ですね!

在庫数に関してもアドバイス出来る事もありますので、
何か気になることがあれば、
メールにて連絡をお願いします!

では今年最後のラストスパートで、
商品を売りまくりましょう!

ps
12月中に商品を届けて欲しい場合は、
早めにオーダーをしていただけると助かります!
年末年始は中国内の物流が混みあう事が予測され、
いつも以上にお時間をいただいてしまうかもしれませんので。

ネクストステージ

 

 

from 鈴森拓海
横浜の事務所より

「なにか最近物足りないな〜」
有る男性のが私に唐突に話しました。

彼は友人でもあり
Amazonの輸入ビジネスの実践者でもあります。

彼は非常に真面目な正確で、
コツコツとノウハウを実践し、
2年目で月商150万を達成しました。

Amazon一筋で
非常に頑張っていると思います。

ですが最近何か物足りなさを感じているようで、
その原因が簡単に稼げ過ぎてしまうということ。

それはそれでいいことじゃない?

と私は思いましたが、
努力家の彼はこの”物足りなさ”
に耐えられない様子でした。

そこで彼は、
「なにかいいビジネスモデルない?」

と私にたずねて来ました。

個人的にこの質問は大嫌いですが、
友人なのでアドバイスをすることにしました。

「じゃあ次は楽天とかやってみたら?」

と私は楽天を出店することを進めました。

難易度でいうとAmazonと比べるとかなり高くなります。
お金もかなりかかります。

でもその分やりがいはあるでしょう。

次に何が必要かを私がさらっと伝えてあげました、
例えば、、

・初期費用が30万近くかかる
・商品登録からすべて自分
・キーワードもすべて自分できめる
・画像や店舗作成も自分
・etc

それを聞いた彼の顔を今でも忘れられません(笑)

先ほどまでのモチベーションは
一気に吹っ飛んでいました。

いままでまるでやったことの無い
作業ばかりなのでやれる気がしなかったのでしょう。

初期費用も大きいですからね。

考えかたはいろいろ有ると思いますが、
Amazon以外の媒体で販売をすることが
私はネクストステージだと思っています。

物販から違うステージの物販に
移行するイメージです。

移行といってもAmazonを
やめるわけではありませんが。

もしあなたがAmazonでの販売に
情熱を注げなくなったら、
次は何をするかを考え始めてもいかもしれません。

もしくはすでに次を見越しているのなら、
予めスキルを高める準備をしておくのが、
賢いと私は思います。

さて、あなたはどうする?

ps
私の個人的な意見としては是非ネクストステージに
進んで欲しいと思ってます!
金銭的にもやりがい的にもあなたにとって、
メリットは有ると思いますよ〜
あとは勇気ですね・・・