Category Archives for "タオバオ輸入塾"

ライバルリサーチ手法

images最近のamazon-タオバオビジネスにおいて最も一般的なのは、こちらの「ライバルリサーチ」という手法になります。

実際、いいセラーさんを見つけることができれば、その人の商品を丸ごと真似することが出来るため、極めて効果的な手法になります。他の手法と組み合わせて実践を行っていきましょう。

ライバルリサーチとはどんな手法?

では、具体的にライバルリサーチとはどのような手法になるのでしょうか。

基本的なやり方としては、
ライバルの商品を丸裸にして仕入れられる商品を仕入れていくという手法になります。

amazonというのは、そのセラーが販売している商品を
全て丸裸にして教えてくれるシステムとなっています。

そこで、中国輸入をやっているらしきライバルを見つけ、
そのライバルが購入している商品を丸ごと仕入れてしまうというわけです。

ちょっと気持ち的に違和感を感じる気持ちもわかりますが、
今のアマゾンでは最も流行っているのがこの手法となります。
是非取り入れていきましょう。

実践の仕方とは?

では、具体的な実践の方法をお伝えしていきます。

まず最初に「中国輸入で買われていそうな商品」を探しましょう。

これは本当に何でもいいです。
コスプレでも、バイクでも、ケーブルでも、
とにかく中国輸入のプレイヤーが仕入れていそうな商品を探していきます。

[box_b] セラーの名前を記載するのは迷惑がかかる可能性があるので、
名前は画像は一切なしで、文字のみで解説をしていきます。[/box_b]

商品を見つけたら、その商品の「新品の出品」をクリックします。
こうすることで、その商品を出品している出品者を全て見つけることが出来ます。

出品者の数のイメージなのですが、下記のようになります。

[box_h] 1~2人 オリジナル商品の可能性があるので、参考にならない可能性あり
3人以上 比較的いい出品者が多い可能性が高い[/box_h]

あまりに少なすぎると参考にならない可能性が高いので、
参入者が少ない商品だった場合、別の商品を探すようにしましょう。

そうすることで、ある程度の参入者がいる商品を発見出来るようになります。

ライバルの出品物をひたすらチェック!

ライバルの出品物がわかったら、
あとはそれらの商品をひたすらチェックしていきます。

国内の価格とタオバオの価格を見比べ、
購入できそうな物をひたすらピックアップしていくわけです。

この手法は、良いセラーさんを見つけることができれば、
その人の商品をまるまる真似することが出来てしまいます。

もちろん、評価などのたまり具合によって売れ行きはかわりますが、
それでも極めて早いスピードで品揃えを揃えられるわけです。

かなりの人が実践している手法になりますので、
是非取り入れるようにしましょう。

ライバルからチェックされるのを防ぐためには

このライバルリサーチは、自分がやっている間はとてもいい手法なのですが、
自分でやられるのを防ぐ事はかなり難しくなります。

完全に防ぐのは不可能なのですが、
少しでもライバルに邪魔をされにくくする方法がありますので、
そちらを解説していきます。

売れない商品を大量に入れる

ライバルを紛らわすための一番簡単な手段が
こちらの「売れない商品を大量に入れる」という手法になります。
あなたも、リサーチをしている時に数万件出品している人を
しっかりチェックしようと言う気にはならないですよね?

全てが本気の商品だとすぐに真似をされてしまうので、
邪魔な商品を入れて、少しでも紛らわしていくわけです。

ただ、この手法を使っても完全に防ぐことは難しく、
ライバルが頑張れば商品をチェックされてしまいます。

複数ショップを運営

上に似ているのですが、複数ショップを運営することにより、
真似されるリスクなどを全て分散する効果があります。

これはかなり効果的ではあるのですが、
アカウントバンなどのリスクを考えると、
様々な物を2つ用意しなければなりません。

そういったハードルを超えられる方は、是非実践してみてください。

オリジナル商品を持つ

一番効果的な手法が、こちらのオリジナル商品となります。

自分が作ったオリジナル商品の場合、
ライバルは参入してくることが出来ません。

商品を組み替えた程度のオリジナル商品ですと
すぐに参入出来てしまいますので、ロゴが入っていたり、
別の要素を持ってオリジナルとしなければいけません。

現在既にオリジナル商品を出品している方は
ラ数いらっしゃいますので、そちらを参考に製作してみましょう。


以上がライバルリサーチの手法となります。
リサーチ手法というのは1つを使い続けるのではなく
複数を組み合わせることによって効果が上がっていきます。

是非様々な手法を実践してみましょう。

送料の勝負とは

mainamazonでビジネルを行っている上で避けては語れないのが「送料」となります。

仕入れ値などは商品単体の利益のみに関わってきますが、送料というのはセラーの商品全てに影響をおよぼす要素となります。
正しい内容を理解しておきましょう。

市場の送料を理解しよう

あなたは、中国輸入の商品を発送する際に
どういった配送法がベストだと思いますか。

中国輸入の商品は細かいものが多いため、
必然的に自己発送などの必要性が出てきます。
ただ、自己発送というのは送料の勝負になるため、
一歩間違えるとかなり厳しくなってしまうのです。

そこで、こちらでは比較的軽量の商品に絞って
配送方法などについて解説をしていきます。

基本的な配送価格

基本的な配送の価格としては定形外とメール便に分けられます。

[box_b] 【クロネコヤマトメール便】
1センチ 80円
2センチ 160円[/box_b] [box_b] 【日本郵便 定形外】
50g 120円
100g 140円
150g 205円
250g 250円
500g 400円[/box_b]

上記の金額というのが最も基本的な金額となります。

メール便は基本的に重さが関係ないものなので、
「メール便1センチ」で送れたらやはり一番いいですよね。
(しかも、メール便は追跡まで利用できます。)

ただ、当然のことながらライバルも同じことを考えているため、
メール便1センチ以下で送れる商品というのは
比較的激戦のジャンルになりやすくなっています。

最近では、上の基本的な状態以外に
様々な要素がからみあって送料の勝負となっています。

(追記)クロネコヤマトDM便の導入

ご存知の方も多いかと思いますが、
クロネコヤマトメール便というのが2015/03/31をもって廃止となりました。
それに伴いクロネコDM便というものが誕生をしました。

この2つの大きな違いとしては、下記のような形になります。

[box_b] 【ヤマトメール便】
・ 個人の人でも配送可
・ 商品の配送可能

【ヤマトDM便】
・ 法人のみ利用可能
・ 商品の配送不可[/box_b]

つまり、表向きはヤマトDM便で商品が送れなくなってしまいました。

しかし、現状としては中規模以上の法人に限ってのみ
ヤマトDM便が生きています。

また、法人というのは特別単価をもらっている事が多いため、
最低でも1.2センチ両方を80円で配送できていることが多いです。

更に、超大手の配送業者様になると、
メール便1.2センチ両方を60円以下で配送ということもあるようです・・・。
(数万個単位で出荷している業者さんになります。)

現状、個人の方はクロネコDM便を出すのはかなり厳しいです。
なので、比較的軽い商材などを扱おうと考えている方は、
上の状態を理解した上で、ライバルをチェックしましょう。

低単価商品は厳しい

上のような状態があるため、当然の事ながら低単価商品は
個人の方が参入するのが極めて厳しくなります。

例えば、2センチ.150グラム程度の商品があったとして、
普通に定形外で送った場合は205円になります。
それに対して、法人は80円以下の金額で送れてしまうのです。

その差はなんと約120円。

500円以下の商品などの場合、
この差は如実に現れてきてしまうのです。

時間の経過に要注意

比較的高めの金額で売れている商品があったとしても、
時間の経過とともに価格というのは落ちてきてしまいます。

そして、低価格の商品になってしまった場合は、
個人は利益が取れず、法人のみ利益が取れる商品と
なってしまう可能性があるのです。

個人の方は常に、若干不利な状況で戦っているということを認識しましょう。

まとめ

以前は個人の方でも比較的低価格帯で勝負は出来ました。

しかし、DM便の導入ということもあり極めて厳しくなってしまったのです。

最近では、宅急便コンパクトなどがあるため、
商品の大きさによってはまだまだ戦えます。

ご自身のステージごとに適切な商品を選んでいきましょう。

FBA料金シュミレーターの利用方法

amazon-fba色々と利益の計算がわかりにくいAmazon。
こちらでは、初心者の方にオススメのFBA料金シュミレーターの利用法を解説します。amazonにかかる手数料などをチェックしたい際に利用をしましょう。

FBA料金シュミレーターとは

FBA料金シュミレーターというのは、
amazonが提供をしているサービスになります。

FBA料金シュミレーター

ある商品をamazonで販売する場合、
それにかかってくる販売手数料を算出してくれます。

「この商品の手数料何%だろう・・・」なんて迷った際は
こちらに入力をすればOKだというわけです。

使い方はとても簡単です。

上のリンクをクリックすると、下記のようなページが出てきます。

ue

まず、ここでASINコードを入力しましょう。

すると、更に価格を入力する部分が出てきます。
ここで、自分が販売を考えている金額を入力すると、利益などが算出されます。

simu

この商品の場合、800円の販売で80円が販売手数料ということで、
販売手数料が10%ということがわかります。

amazonの販売手数料は8% ~ 15%とかなり差があります。

新商品を仕入れる際には間違えが無いよう
しっかりと検索するクセをつけていきましょう。

Amazon-タオバオの利益計算方法

tenbin01_24タオバオ・Amazon間でリサーチを行う前に、まずは価格のチェック方法を知らないと利益を挙げられません。

そこで、Amazon・タオバオ間での価格のチェック方法についてお伝えしていきます。最も基本的な知識となりますので、是非抑えておきましょう。

中国輸入にかかる経費とは

中国輸入にかかる経費というのは、大きく分けて下記3つが挙げられます。

・仕入れ値(中国国内でかかる金額)
・Amazon手数料(販売手数料・FBA手数料))
・その他(弊社月額会費・Amazon月額会費)

なので、利益計算式としては下記のようになります。

販売額 – 仕入れ値 – 販売手数料 – その他 = 利益

それでは、順を追って解説をしていきます!

販売額

販売額とは、その名の通り販売する価格になります。
一般的なネットショップであれば、ある程度自分の思った金額で
価格をつけることが出来ますが、Amazonの場合はそうはいきません。

Amazonは基本的に「最安値のショップ or 最安値付近で評価高いショップ」しか
販売されることはありませんので、必然的に価格競争になります。

そのため、そういった金額になることを盛り込んだ上で、
販売額を予想しておきましょう。

仕入れ値

こちらのページで詳しく解説をしていますが、
中国国内の段階でかかる費用は下記の様になります。

[bullet_box]
  • 仕入れ料金(原価)
  • 中国国内送料(場合によっては無料)
  • 国際送料(重く・量があるほど高額に)
  • 関税(商品によって関税がかかる)
  • 買い付け代行費(プランにより5%~7%)
[/bullet_box]

販売手数料

販売手数料というのは、大きく分けて下記2つに分けられます。

[bullet_box]
  • 販売手数料・・・Amazonでの販売に際し、一定の料率でかかる手数料
  • FBA手数料・・・FBAを使う場合、必要な手数料
[/bullet_box]

販売手数料に関しては、販売する商品によって料率が変わってきます。

詳しくは、こちらのページで解説をしていますので、ご覧になってみてください。

その他

Amazonのサービス・弊社サービスともに
月額の会費がかかりますのでそちらが加算されます。

Amazonの月額費用としては下記のような金額がかかります。

[box_b] 月額料金・・・大口・小口に伴う月額利用料4900円。
FBA保管料・・・FBA倉庫に置くための保管料[/box_b]
以上の金額が手数料としてかかってきます。
ご自身で利益計算シートなどを作成する際は、
上記の点を組み込んだ内容を作るようにしましょう。

実際に利益を算出してみよう

それでは、実際に利益などを算出していきます。

中国からの仕入れ金額

【各種条件】
・今回は為替レートを19.5円として設定します。
・ゴールドプラン利用とします。(買い付け手数料5%)

■ 商品原価: 20元
■ 仕入個数: 50個
■ 国内送料: 0元
■ 重量  : 300g

300gですので、金属や木など重めの材質を含んだ小物か、
軽めの服などを想定してください。

上記のような条件の場合、計算を行うと下記のようになります。

■ 商品原価 : 20元 × 50個 = 1000元 = 19500円
■ 国内送料 : なし
■ 代行手数料 : 19500 × 5% = 975円
■ 国際送料 : 300g × 50個 = 15000g(15kg) → 15kg × 36 = 540元
→ 540 × 19.5 = 10530
■ 関税 : 19500 × 約10%(消費税8% + 商品への関税) = 1950


■ 仮合計 : 19500 + 975 + 10530 + 1950 = 32955

上記の金額の合計が国内に入ってくる前の段階での合計となります。

amazonに送る金額

上の内容で国内の自宅に届いたとして、
FBAの場合その商品をamazonに送らなければいけません、
FBA代行業者を利用した場合は、そのコストが別途かかります。)

比較的大きそうな商品なので、120サイズで3つに分けて送ります。

【ヤマト運輸を利用】
・120サイズ 1400円
→ 1400 × 3 = 4200円

こちらの金額はヤマト運輸のHPをご確認下さい。

ここまででかかった原価とは

では、ここまでにかかった原価を1つ1つに割り振ってみましょう。

32955円(中国時点での価格など) + 4200(国内送料) = 37155円

1つ当たりの原価を出すために、この金額を仕入れ個数で割ってみます。

37155 ÷ 50 = 743円

こちらが1つ当たりの原価となってきます。

Amazonの販売手数料は

では、この商品を1800円で売ると仮定して、利益を計算していきます。

■ 商品カテゴリ成約料 : 100円
■ FBA手数料 : 1800 × 10% = 180円

この場合、利益としては下記のようになります。

1800円(売値)- (743+100+180) = 777円

利益率は・・・
777 ÷ 1800 = 43%

仮に上記のような条件で一連の流れが出来た場合、
利益率は43%と優秀な部類にはいります。

大体30%以上の利益率が1つの目安になりますので、
これだけの数値なら問題はなく輸入をして構わないでしょう。

まとめ

ここまで利益計算の方法をお伝えしてきました。
利益の計算は、毎回細かくやっているとかなりの手間がかかってしまいます。

なので、それぞれの基準などを設け、
エクセルを作成するなどして業務の効率化を図りましょう。

amazon検索からのリサーチ手法

応用などのない、最も基本的な検索手法がこちらのAmazon検索となります。

特にひねった手法ではなく
「Amazonで利益の出そうな商品を見つけ、それを仕入れる」といった
極めて基本的なやり方となります。

では、実際にこの方法でリサーチを行っていきましょう。

利益の出そうなカテゴリとは

この手法では普通に商品からリサーチを行っていくため、
中国輸入がよく扱われているカテゴリーから見ることが重要になります。

[bullet_box]
  • アクセサリー関連
  • コスプレ関連
  • ウィッグ
  • 小物全般
  • 釣具
  • 安価な腕時計
[/bullet_box]

こういった商品が特に中国から輸入をされています。
なんとなく中国から輸入されている商品のイメージがつかめない時は
スマホ片手にドンキホーテに行ってみましょう。

ドン・キホーテというのは安価な商品を大量に販売しているため、
中国の商品を大量に扱っているお店になります。

ここで「小さくて輸入出来そうな商品・カテゴリー」などを見つけられれば、
それをきっかけとして新しい商品を見つけることが出来ます。
是非どこかのタイミングで一度やってみてください。

では、本編に戻り、上の一覧から検索をしていきます。

商品を検索してみる

それでは、実際に商品を検索していきます。
今回はお題として「コスプレ」から検索をしていきましょう。

基本的には「○○(キャラクター名・作品名)+コスプレ」などで検索をすれば、
利益の出る商品を見つけることが出来ます。

有名なところから検索をすると
「初音ミク コスプレ」と言った感じですね!

hatune

実際に「初音ミク コスプレ」で検索をするとこのようなページが出てきました。

この商品を実際に利益が出るかを検索していきます。

1000-sakura

まず、そもそも輸入が出来るか?と言う点を調べるためには、
出品者の人数をクリックしましょう。

1000-sakura

この時点で、出品者が1人しかいない状態というのは
販売出来ない商品の可能性が極めて高くなります。

オリジナル商品をその人だけが出品している状態なので、
他社が参入出来ない形になるわけですね。

なので、ある程度(3人以)いる商品を検索するようにしましょう。

ライバルのチェック

実際に上の人数部分をクリックすると、ライバルの一覧が出てきます。

ショップ名を記載するのはちょっと気が引けるので
こちらでは画像を掲載しませんが、、、
ライバルの一覧をチェックすることが出来ます。

そちらでの最安価格をチェックすれば、
amazonでの販売価格をチェックすることが出来ます。

「商品ページにも販売価格の記載があるけど、それではいけないの?」と
疑問を持たれる方もいるかもしれませんが、結論から言うとあまり良くはないです。

商品画像にある価格というのは実際の最安値とは離れていることがあり、
「実はもっと安い出品者がいた」なんてことになりかねないんですね。

なので、基本的にはしっかりと出品者の欄を見て価格をチェックするようにしましょう。

実際に商品を中国で探していく

国内で、中国らしき商品を見つけることが出来ましたので、
実際にそれを中国で検索していきます。

もちろん、検索先として扱うのは「タオバオ」となります。

では、実際にタオバオに行ってみましょう。

Taobao.com

タオバオに行った後、実際に商品を検索していきます。

今回、上の商品は「千本桜」という漢字の部分がありますので、
そちらを実際に検索していきます。

すると、千本桜に関連する商品の中に、
初音ミクの中国語版「初音未来」を見つけることが出来ました。

「初音未来」と「千本桜」あと「cosplay」などの検索KWを組み合わせて
実際に商品を検索していきましょう。

miku

すると、amazonと同じ商品を見つけることが出来ました。

残念ながら、今回の商品は最安値が285元だったため、
概算レート1元=20円をかけると、仕入れ価格が5700円となってしまい
仕入れを行うことが出来ません。

ただ、この方法で検索をすることにより、
日本と中国で価格差のある商品を見つけることが、出来るというわけです。

様々な商品を見ていけば価格差のある商品を見つけることが出来ます。
是非真剣に取り組んでいきましょう。

利益を出していくリサーチ方法

e6d9672825f91e7fad2e573099b5681eタオバオで利益をあげていくために大切な事は何か?
それは、間違いなく「リサーチ」になります。

輸入には色々と必要な要素がありそうですが、結局は「利益の出る商品を探す」ことほど大切なことはないのです。そこで、こちらでは実際に輸入のプレイヤーが利用しているリサーチ手法を解説していきます。

どんな手法があるの?

リサーチというのは大きく分けて2つの手法に分けることが出来ます。
どちらもメリット・デメリットがあるため、
大半のプレイヤー様は組み合わせて利用をされたりしています。

そこで、こちらでは実際のリサーチの手法について解説をさせて頂きます。
初心者の方は是非参考にしてみてください。

amazon商品リサーチ

全てのリサーチの基本となるのがこちらのリサーチとなります。
amazon上で検索をし、実際に利益が出そうか否かを判断していきます。

まず最初にこの手法を使っていくことによって、
「amazon上で売れている商品」を判別することが出来ます。
リサーチ代行などをご依頼される前に、一度は実践された方が良い
手法と言えるでしょう。

>>詳細な手法はこちら<<

ライバルリサーチ

若干応用を利かせたのがこちらのリサーチ手法となります。

amazonではライバルの商品を見ることが出来るため、
ライバルをチェックし、利益の出そうな商品を見つけていくというわけです。

最近ではある程度の数の参加者がamazon上にいるため、
ライバルリサーチはかなり一般的かつ有効な手法となっています。

是非ご覧になってみてください。

>>詳細な手法はこちら<<