ますます厳しくなります

電池が付属した商品を輸入したことはありますか?
うちのお客さんでも何度か買付けをしてくれた方もいます。

ですが残念なことに、
税関で問題が発生する可能性も高いです。

中国の事務所でもちろんリスクがある商品は通知しますが、
確実に100%判別することは難しいのが現状です。
商品も100あれば100個の特徴が有りますからね、、、

そんな電池関連の商品ですが、
今後輸入をするのが更に難しくなりそうです。

現段階では、
中国の担当者からの情報だけですが、
ほぼ間違いないとのことです。

やり方次第では輸入はできるけど、
コストがとっても上がるそうです。

まあほとんどのお客さんが、
電池無しの商品のみをご注文いただいているので、
問題はないと思います。

念のため留意だけしておいてください。
よろしくお願いします。

今回は電池に関連して、
Amazonで電池で成功したビジネスモデルを紹介します。

チーロマート
http://www.cheero.net

この会社聞いたことありますか?

Amazonで販売をしているあなたなら、
一度は聞いたことが有るはず。

携帯型のモバイルバッテリーを販売している会社です。
数年前まではそこまででしたが、
今となっては相当な規模まで成長しています。

私は直接の関わりは無いのですが、
実は親戚の知り合いの会社で、
Amazonで販売を開始したこころから、
良くベンチマークをしていました。

この会社は始めは、
互換品のバッテリーを販売していて
それがうまくいったので、
モバイルのバッテリーをOEMで始めたようです。

OEMで大成功したとップクラスの事例ですね。

【自社製品まで育てる4ステップ】
まずは単純にチャンスのありそうな商品をピックする

その中で売れそうな商品があれば自社の名を入れてみる

それで更に売れそうであれば、
OEMの工場で自社製品を作成する

ブランド化

とてつもなく無駄を省くと、
チーロマートの成長の過程はこんな形です。

言い方を変えれば、
これが普通の商品から、
自社製品まで成長差せる過程になります。
実際はもっともっと「山あり谷あり」ですけどね。

あなたも同じことが出来ると私は思います。
マーケットの規模は別として特定の、
ニッチ市場であれば出来るはずです。

いま売っている商品の中で、
とても良く売れている商品は有りませんか?
その市場はどのような段階にありますか?

大手メーカーが入ってきていますか?
それともまだ平行輸入物ばかりですか?

もしうまく条件が合えば、
少しコストをかけてでも自社の名を付けて、
アレンジして出品してみてもいいでしょう。

リスクではありますが、
大きく成功するには必ずリスクが必要です。

一歩踏み出して見ませんか?

ps
OEM商品を作りたい場合でも、
ご連絡をいただければ相談に乗らせて頂きます。

taobao

Click Here to Leave a Comment Below

Leave a Comment: