中国輸入に必要な経費を解説

a中国輸入をいざ始めようとした際に、気になるのが「経費」だと思います。

仕入れや送料にお金がかかるのはわかりますが、それ以外の細かいポイントではイマイチわかりませんよね。そこでこちらでは、中国輸入において必要となってくるコストについて解説をしていきます。是非参考にしてみてください。

中国輸入の経費とは

では、具体的に中国輸入に必要な経費を紹介します。
大きく分けて、下記の項目を上げることが出来ます。

[bullet_box]
  • 仕入れ料金(原価)
  • 中国国内送料
  • 国際送料
  • 関税
  • 買い付け代行費
  • 月会費
[/bullet_box]

それでは、1つ1つ詳細を解説していきます。

仕入れ料金(原価)

全てのコストの中で最も大きくなってくるのが、
こちらの仕入れ料金(原価)となってきます。

北米輸入などではカードなどで購入することが出来たのですが、
中国輸入においては現金取引が基本となってきます。

そのため、現時点でキャッシュが足りない方などは
借り入れなどもご検討ください。

中国国内送料

買い付け元から、弊社の中国拠点までに送る金額となります。
販売者によっては、この金額を無料にしている方もいらっしゃいます。

国際送料

中国国内から日本に送る際の価格となります。
体積重量・実重量などの計算方式によって価格が異なってきます。
こちらのページの送料の項目で詳しく掲載していますので、
是非ご覧になってみてください。

関税

商品によっては、中国から日本に仕入れを行う際に関税がかかります。
関税はお客様のご自宅などに到着したタイミングで、請求がされます。
基本的には厳禁の支払いとなりますので、ご了承ください。

買い付け代行費

弊社では買い付け代行費として、5~7%を頂戴しております。
(買い付け金額の5~7%となります。)

プランによって代行手数料が変わってまいりますので、
ご自身にあったプランをご選択ください。

月会費

弊社では3つのプランをご用意しており、
そのそれぞれで月会費が異なってまいります。

価格などとのバランスを見てみて、
ご自身の規模とマッチするプランをご選択ください。


以上、中国輸入において必要となる経費について解説をしていきました。
適切なプランを選択することにより、より安い価格でご利用頂けます。
是非ご検討ください。

taobao

Comments are closed