個人輸入とは

236個人輸入と聞いてどんなイメージが湧きますか?

最近では、ネットビジネスが流行りということもあり、個人輸入に関する様々な情報が出ています。
しかし、基礎から解説しているページは少ないのが現状です。
そこで、こちらではそんな個人輸入の基礎についてお伝えしていきます。

個人輸入の言葉の定義とは

個人輸入の最も基本的な定義としては
「個人で利用する商品を、海外から輸入する事」となります。

若干混同されがちなのですが、
「個人で輸入するもの」というのが定義において重要になってきます。

そのため、正確に言うとネットビジネスでやられている輸入は
「個人輸入」ではなく「輸入」となります。

様々なブログなどで「個人輸入」というのが一般的に使われていますが、
厳密に言えば、若干意味が間違っているというわけですね。

[box_b] ※)当サイトでも、一般に利用されている方法に合わせて
「個人輸入」という単語で記事を掲載していきます。[/box_b]

昔の個人輸入はどんな感じ?

最近ではかなり身近になってきた個人輸入ですが、
一昔前だと極めて難易度の高い手法でした。

特に大きなハードルとして挙げられるのが、下記の2つになります。

[point number=”1″ type=”maru” color=”red” header=”円安”] 2012年頃に比べると落ち着いてきましたが、
それでも昔に比べると極めて円高の水準となっています。

固定相場制の時代などは1ドル360円だったため、
単純計算であらゆる輸入に今の3倍以上のコストがかかってしまうのです。
5万円の輸入が15万円になってしまったら、、、
ちょっと個人輸入は難しいですよね。
[/point] [point number=”2″ type=”maru” color=”red” header=”手配の困難さ”] 今でこそクリック1つで出来るようになった輸入ですが、
昔は国際電話やファックスなどでやりとりをするしかありませんでした。
(ほんの20年程前の話です。)

流通などのサービスも、今に比べると遥かに低いレベルだったので、
個人で輸入を行うのは極めてハードルが高かったのです。
[/point]

最近ブームになった理由とは

では、何故最近急激に個人輸入が流行るようになったのでしょうか。

そこにはやはりネットとサービスの進化が大きく影響をしています。

一昔前では発注書などをわざわざ手配しないといけかなったのが、
今ではクリック1つで購入できますし、カードの決済も極めて容易になっています。

また、昔だったら海外から国内に輸入する業者の選定も大変だったのですが、
今ではそれ専用のサービスなどもあり、ネット上で全て完結するようになりました。

総じて、「輸入のハードル」が極めて落ちてきたのです。

本業ではなく副業としてブームに

これだけ個人輸入しやすい仕組みが出来上がったことで、
最近ではかなりの方が副業として取り組まれるようになりました。

つまり、海外から商品を購入して日本で販売をするというわけです。

初めて聞くとすごいハードルが高そうに聞こえますが、
現在国内でも様々な販路が存在するため、
適切な商品を選定すれば利益を挙げていくことが可能になります。

もしあなたが輸入ビジネスに興味があるなら、
是非チャレンジをしてみてください。

taobao