タオバオとは

taobaocom日本人にはそれほど馴染みの無い「タオバオ」というサービス。しかしその巨大さ・成長スピードで世界では注目を集めています。

そもそもタオバオというのはどういったサービスなのか。基礎から解説をしていきます。

タオバオとはどんなサイト

そもそもタオバオというのはどういったサイトなのでしょうか?

これは、中国におけるECモールの最大手となります。
日本で言うと、ヤフオク!やAmazon・楽天のようなサイトなわけですね。

タオバオについて語っていく上では外すことが出来ないのが
その「ケタ違いの規模」になります。

なんとタオバオは2010年の時点で、
利用者数が1億5000万人を超えていると言われています。

これは中国のネット人口の半数以上が利用している計算になり、
日本国内の総ネット人口の倍以上の数字と言われています。

ケタ違いの規模がわかってもらえたでしょうか。

設立はそれほど古くなく、2003年です。
Yahooなどに比べるとかなり遅めにオープンをしたのですが、
その後怒涛のスピードで中国市場を席巻してしまいました。

「タオバオ」という言葉は「見つからない宝物はない、売れない宝物はない」という
意味らしいのですが、今やその言葉を再現したようなサイトとなっているわけですね。

タオバオの規模

桁違いの規模をもっているタオバオですが、
それを端的に表すニュースがありました。

2012年末に発表されたニュースなのですが、下記のようになります。

タオバオは伊勢丹一年分を1日で売る。

日本を代表する百貨店である伊勢丹の1年の販売量を、
なんとタオバオは1日で達成してしまうというのです。

伊勢丹の年間の売上高は大体2300億で、
それをたった一日で突破してしまうんですから、、、
本当にすごい話です。

また、このニュースも2年以上前の話ですから、
それから更にタオバオも成長をしています。

中国のECの進歩というのは、本当に目を見張るばかりです。

タオバオの決済

これほど巨大なサイトであるタオバオなのですが、
残念ながら基本的には中国人しか利用が出来ません。

仮に日本人がタオバオの決済を個人でおろそうとした場合、
下記のような内容が必要になってきます。

・ 中国国内の口座
・ 支付宝(アリペイ)登録
・ 中国人の保証人

他にも細かい部分で様々なハードルがあります。

本業としてやられているのでしたら問題はないのですが、
仮に副業ということでしたら、上記のハードル全てを超えることは
あまり現実的とはいえません。

ご自身の業務に集中するためにも、
是非弊社のような代行業者にお任せください。

taobao